プロミスで延滞した場合の利息ってどれぐらいになるの?

プロミスの月々の返済では、1度や2度は「うっかり返済し忘れた!」というトラブルが生じます。

このときに、ペナルティとして支払うことになるのが「遅延利息」というものです。

キャッシングをするのが初めてという方は、延滞について不安を感じているものです。

ここでは、「遅延利息」について、詳しく説明してみたいと思います。


<延滞しそうなときは、プロミスに連絡!>

まず、プロミスの返済が間に合わないことが事前に分かっているなら、必ず期日前にプロミスコールに連絡するようにしましょう。

公式サイトでも、事前の連絡が必要であると説明されていますので、遅れることが分かったら、すぐに連絡しておくと安心です。

また、月々の返済期日を忘れてしまったときは、利用明細書の記載を確認するか、あるいは、会員専用サイトで確認することもできます。

それでもなお、返済日が分からないときは、プロミスコールに連絡し、問い合わせてみると良いでしょう。


<遅れてしまうと「遅延利息」が発生>

しかし、プロミスコールに連絡したからといって、ペナルティから免れることができるわけではありません。

事前にちゃんと連絡しておくことで、自分の信用の低下を最小限に抑えることができますが、遅延利息については、契約どおり支払うことになります。


<5万円の残高で1週間遅れた場合の遅延利息は?>

ここで、「遅延利息がどの位の金額になるのか?」ということを確認しておかないと、申込みの不安は解消されません。

一例として、キャッシングの残高が5万円ある場合に、7日間遅れてしまったときの「遅延利息」を計算してみます。

まず、プロミスの公式サイトで「遅延利率」が「20.0%(実質年率)」とありますので、これを元に計算します。

遅延利息の求め方は、

(遅延利息)=(元本)×(遅延利率)×(日数)÷365日

ですので、「192円」の遅延利息を支払うことになります。

「たかが192円」と思われるかもしれませんが、無駄はできるだけ省くようにしないといけません。

自分の信用を傷つけないようにすることと、無駄を省くためにも、月々の返済に遅れないようにしないといけません。


貸金業法が改正される以前の遅延利息は、実質年率40%を超える場合もあり、遅延を繰り返すことで多重債務となることもあったようです。

しかし、現在では、遅延利息も引き下げられていますので、これまでよりも安心してキャッシングができるようになっています。

プロミスの公式サイトにアクセスし、プロミスカードの発行をしてみるのも良いと思います。

風俗でも借りれるキャッシングってありますか?

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月22日 10:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「専業主婦でも借りれるキャッシングとは?」です。

次のブログ記事は「長期の借り入れになりましたが良かったです」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。